SKダンパーとROOGAがあれば地震や豪雨にも安心。家づくりで守れる命があります!

秀光ビルド京都店、店長の東です。

 

このたびの台風21号により、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。

 

6月18日の大阪北部地震、7月初旬の西日本豪雨災害の発生は記憶に新しいところです。

京都店の施工エリアでもこれらの災害に見舞われた地域も数多くあり、現在、建替えをご検討されるお客様から連日多くのご相談やお問合せをお寄せいただきます。

昨日まで平穏だった日常が、突然の地震や豪雨によって大きく変わってしまうことをあらためて見せつけられた災害でした。

これらを教訓として、私たちがこれから家を建てようとする方にお伝えしていかねばならないことは、住まいの安全性をしっかりと検討した上で、家づくりをしていきましょうということです。

秀光ビルドは、地震や災害が多発する日本には災害に負けない住宅性能が不可欠と考え、地震や豪雨に強い仕様のご提案をしています。

建替えや新築をお考えの方には、ぜひこの二つの仕様をご検討ください。

 

●オリジナル制震ダンパー「SKダンパー」

地震で揺れるときにダンパーに力と変形を極力集める工夫がなされている、効率の良い制震構造。
制震材には、安定して優れた制震性能を発揮するフェノール樹脂を採用し、鋼製K型筋交いにより、壁倍率3.2倍という優れた耐震性も兼ね備えています。

阪神大震災、熊本地震レベルを計10回加振しても構造上に問題が出なかったという安心の実績を誇る国土交通大臣認定の制震機能付き耐力壁です。

▼SKダンパーの特徴や機能については、こちらをどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=15&v=_0f73QR3TE4

 

●軽くて地震に強い軽量瓦「ROOGA(ルーガ)」

今回の大阪北部地震では屋根が崩れたり、瓦が落ちたりした家がたくさん出ました。
震源に近い地域では、地震から3ヶ月近く経った今もなお、屋根の修理が間に合わず、ブルーシートのかかった家屋があります。
地震の揺れは、建物の重量が重く、重心が高いほど増大するものですが、この地震の揺れに強い瓦がROOGAです。

ROOGAは、見掛けの厚さ25mmでありながら重量は陶器瓦の1/2以下。
地震の揺れを軽減し、建物に安定感を生み出します。
さらに、防水性や耐水性にも優れているから豪雨や強風にも強く、また、飛来物が屋根にあたっても素材の粘り強さで衝撃を吸収してくれます。

▼ROOGAの特徴や機能については、こちらをどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=Y1rRoJ97eRY

 

なお、現在、京都店限定企画にて、

9月末までのご成約のお客様先着5棟を対象に【SKダンパー半額キャンペーン】を実施中です。

ぜひ、この機会に住まいづくり館~京都~または京都展示場で、実物に触れてみてください。