秀光ビルド四日市店の職人紹介【基礎屋編】

こんにちは♪秀光ビルド四日市店です。

 

家づくりにはいろんな職人さんが関わっていて、それぞれ自分の仕事を一生懸命やって、はじめて一軒の家が建つのです!!

そこで、良い家をつくるために一緒に頑張っている職人さんたちについてご紹介します♪今回は基礎工事を担当している基礎屋さんです!

基礎とは建物の土台のこと。基礎がしっかりしていないと家が傾いてしまったり、地震のときに被害が大きくなってしまったりするので、非常に重要なのです。基礎工事が終わらないと家が建てられません!!

 

まず地盤を図面通りに掘削し、砕石を敷き詰めて圧縮し、地盤をより頑丈にします。そして、基礎の位置を決める「捨てコンクリート」を流し込み、その上に家の床下を湿気から守る防湿フィルムを敷きます

 

その後、基礎の要となる鉄筋を配置して、固定する「配筋」という作業を行います。写真のとおり整然と鉄筋を組んでいきます。

配筋が完了したら型枠を組んで、家の土台となるベースコンクリートを流し込みます。コンクリートが固まるまで養生し、立ち上がりの部分に「ホールタウン」という補強金具や、建材を基礎に固定する「アンカーボルト」を設置し、その後さらに立上り部分のコンクリートを流し込みます。そして、養生が終わって型枠を外せば基礎工事は完了です。

 

基礎は家の中でも目立たない部分ですが、基礎をしっかり造るからこそ、安心して住める家が実現できます。基礎屋さんは、まさに秀光ビルド四日市店の家づくりを支えている存在なのです!!

 

家づくりの際には、こうして現場で頑張っている職人さんたちにも想いをはせていただけると嬉しいです!!