秀光ビルドの断熱~アクアフォームのご紹介1~

こんにちは!秀光ビルド高知店、営業リーダーの吉野です。

本日は、秀光ビルドが誇る断熱材“アクアフォーム”についてお話しします。

 

四国は東北や北陸地方に比べて比較的冬の寒さが厳しくなく、現在多くの住宅がグラスウールの断熱材を採用しています。

ただ、グラスウールは断熱性には優れているものの、柔らかな綿状の材質のため、天井まで貼りつけても年月とともに重力で下がってしまいます。

グラスウールが下がり、断熱の効果が弱くなった空間には室温と外気温の差で結露が発生。グラスウールは水分を含んで重くなり、さらに下がってしまう悪循環がおこります。

壁の中で発生した結露は、カビの原因にもなりやすく、建て替えのために取り壊した住宅の中には、断熱材がカビで黒く変色しているケースもあります。

そこで秀光ビルドが全国・全棟に採用したのが現場吹きつけタイプの断熱材“アクアフォーム”。

高い接着能力により、建物との間にすき間を作らず、長年にわたって優れた気密性・断熱性を保ちます。

 

省エネ効果も高く、以前のお住まいにくらべて冷暖房費がかなり抑えられたという報告も。北陸に本社があり、寒冷地にも建築数が多い秀光ビルドの強い味方です。

住まいづくり館高知には現物もございますので、ぜひ実際にさわって確かめてください!