秀光ビルドの家が地震に強い理由とは?

こんにちは!秀光ビルド春日井店です。家づくりで気にすべきことの1つに耐震性が挙げられます。日本は地震大国。いつ、どこで大きな地震が起こるかわかりません。いざという時にご自身の命、そして大切な家族の命を守るためには、耐震性が高い家を建てることが非常に重要です。

 

秀光ビルドの「耐震×制震住宅」なら地震対策もバッチリ! 地震の揺れに耐えられるだけの強度がある「耐震」と、地震の揺れを吸収して逃がす「制震」という2つの考え方を取り入れているから、地震が起きた際の安全性が高いのです。

 

秀光ビルドの家には耐震性と制振性に優れた「SKダンパー」というものが使われています。土台と梁との接合部分に設置されていて、地震のエネルギーを摩擦力で抑えてくれるという働きがあるんですよ

 

今、住宅の地震対策としては「タスキ筋交い」という、柱と柱の間に筋交いという柱を「X」型に入れて建物を補強する方法が多く採用されていますが、秀光ビルドの制震システム「SKダンパー」であれば、阪神大震災と熊本地震レベルの揺れを交互に5回ずつ繰り返してもほぼ損傷がないことがわかっています。国土交通大臣にも認定された新しい技術なのです。

 

秀光ビルド春日井店では、制震ダンパーの実物が見られますし、模型でその効果も体感いただけますので、興味があればぜひお越しください。