秀光ビルドの定期点検②~定期点検はどこを見る?~

このたび西日本の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。

 

こんにちは。秀光ビルド高松店、営業の人見です。7月はお引渡し後の無償定期点検についてご紹介しています

秀光ビルドで建てた私自身の家も、先日はじめての点検を迎えたばかり。お客さまにしっかりご説明できるよう、点検内容もしっかりチェックしてきました。今回は、「どんなところを見るのか?」についてお話ししますね!

お引渡し後、「2年・10年」のタイミングで行われる定期点検の確認箇所は以下のとおり。

①外周
基礎・外壁・コーキングにひびや亀裂がないか

②窓
ひずみがないか、ひとつずつ開閉

③クロス(コーキング部分)
固定家具の裏や折り上げ天井の内側などの見えない部分も、切れやはがれがないか、すべて確認

④階段の手すり・建具
ぐらつき、がたつき、ひずみがないか

⑤水回り
漏れなど、普段使用するところに不具合はないか

わが家は趣味で熱帯魚の水槽を置いていて、リビングの湿度が通常より高めです。そのため、水槽周辺のクロスには多少の変化もありました。大がかりなものではなかったため、その場で補修して点検は完了。

「気になるところはありませんか?」との質問もありましたが、まだまだ新築に近い状態で問題はありません。次は半年後に1年点検です。またご報告しますね!