目で見て、触って、体験しませんか?吹付断熱材アクアフォームの発泡力実験にチャレンジ!

こんにちは、秀光ビルド北摂店です。
前回(高気密・高断熱住宅を実現する、水から生まれた画期的な断熱材アクアフォームとは!?)に引き続き、当社商品に採用している吹付断熱材「アクアフォーム」をご紹介。
今回はその驚異の発泡力を動画でご覧いただきましょう!

 

 

通常、ガスを使用して充填させることが多い断熱材ですが、アクアフォームは水の入ったポリオールとそれを固めるためのイソシアネート、このふたつの液を混合することで70~100倍に発泡させていきます。
また瞬時に固まるから、柱と柱の間や細かい部分にも隙間なく充填することができ、一度の施工で断熱と気密を取ることができます。

 

無数の細かい連続気泡で構成されたアクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持します。
だから省エネ効果も抜群です!
また、透湿性が低いので、断熱材内部に湿気を通しにくく、構造躯体内の結露を抑制し建物の耐久性を高めます。

 

秀光ビルドの家の高気密高断熱の理由がお分かりいただけましたか。
吹付断熱材アクアフォームの発泡実験は、住まいづくり館~北摂~でいつでもご覧いただくことができます。
実際にあなた自身の手で、その驚異の発泡力と性能を試してみませんか?