秀光ビルドのブログ

Blog

狭小地でも実現できる!広々住空間を作るポイント

こんにちは!秀光ビルドです!

 

広いお家でゆとりをもった暮らしがしたい…。

家づくりにおいて、そんな理想を抱く方は多いのではないでしょうか。

お家の広さは土地によって制限されてしまうと思われがちですが、

ゆとりある空間を演出するポイントさえ押さえれば、

理想的な広々とした住空間を実現できるかもしれません。

今回は、空間を広く見せる技をいくつかご紹介させていただきます!

 

1.窓や吹き抜けをたっぷり設けて開放的な空間に。

 

陽光の取り入れ方ひとつで、窮屈感を感じさせない快適な暮らしを実現できます。

それぞれのお部屋で光の取り込み方に変化をもたせれば、

開放感を感じられるだけでなく、こだわりのおしゃれな空間も実現させられますよね!

 

例えば、家族が集まるLDKは大きな窓を大胆に設けることで光をたっぷり取り込めます。

とはいっても、プライバシーの確保はしっかりしたいものです。

リビング全体に大きな窓を設けることが難しい場合は、

吹き抜けを設けて上部から陽光を取り入れるのも一つの技です。

玄関にも使えるアイデアです。

 

また、暗くなりがちな廊下や、窓を設けにくい洋和室には

足元に小窓を設けることでやわらかい光を取り込めます。

 

2.スキップフロアやロフトの有効活用。

床の高さを少しずつずらした「スキップフロア」。

同一のフロアでも段差を設けることで視覚的変化を生み出し、

実際の面積以上に広がりを感じられます。

 

階段付近に設ける方も多く、ユーティリティスペースやスタディーコーナーとして活用している方も多くみられます。

家族の近くで自分の時間を過ごす空間が設けられるって、素敵ですよね!

段差部分は収納スペースとして使用できるので、一石二鳥!

 

モノがあふれやすい子供部屋にはロフトを設けて高さを有効活用。

お子様にとっては秘密基地のようなワクワク感もありながら、

しっかりと収納を確保できるのもうれしいポイント。

お部屋の高さもしっかり活用することで広々とした空間を演出できます。

 

3.天井や内装でさりげない工夫を施す。

広さを確保できないなら高さを使う。狭小地でも簡単に広さ見せを叶えられる小ワザです。

 

天井の高さは空間の体感サイズに直接的な影響を与えます。

限られた床面積でも天井が高い方が広く感じられ、小さい部屋の圧迫感や閉鎖感を軽減できます。

お部屋の扉も併せて高く設定することでお部屋全体の広がりが感じられます。

 

日本でも親しみやすくなってきたアクセントクロスもオススメ。

真っ白な壁紙は広く見える視覚効果はありますが、

インテリアに統一感がなければその効果も台無しです…。

思い切って壁一面にアクセントカラーを入れることで室内全体にメリハリをつけてみましょう!

選ぶインテリアの色味も同系色で統一させることで、スッキリとした印象を与えられます。

 

いかがでしたでしょうか。

今回、紹介させていただいた内容以外にも、理想を叶える方法はたくさんあります。

各店で、お家づくりのご相談も随時受付中なのでぜひぜひお気軽にお問い合わせください♪

ブログ

ページトップ