災害時にも強い蓄電池

こんにちは。秀光ビルド富山店です。
太陽光発電について2回シリーズでお届けしています。
今回は、家庭用蓄電池の話です。

太陽光発電システムを導入される方のほとんどが、一緒に蓄電池も設置したほうがよいか?と聞かれます。当店では、メリットが大きい同時設置をオススメしています。

家庭用蓄電池のメリットは、電気を簡単に貯められて使いたい時に使えること
つまり、日中に太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めて、それを夜に利用できるのです。発電した電気のムダが少なくなり、家庭内で発電した電気の利用効率が上がります
一時期より売電価格が下がっている今、太陽光発電システムで発電した電気を売るより、自分の家でうまく利用したほうが断然お得です。

もし、太陽光発電システムだけを導入していると、こうはいきません。それは電気が貯められないからです。この場合は、昼間は電気を売って夜は電気を買わなければいけません。

また、蓄電池は災害時にも強いのが特長です。突然の停電や災害によってインフラが遮断された時も、蓄電池に貯めてある電気を使って自家発電分を一時的にまかなえます。急な事態にも、変わらず電気のある生活ができるのは安心ですね。

2回シリーズでお届けした太陽光発電について。省エネやエコにもつながる、これからの時代に合った家づくりの方法です。ぜひ、一度検討されてはいかがでしょうか。