秀光ビルドのブログ

Blog

注文住宅で失敗したくない!ポイントを押さえて理想のマイホームを建てよう

間取りや設備、素材などを自由に選べて、

理想の住まいを手に入れられるのが、注文住宅の魅力。

自由度が高い分、いざ生活し始めてみると、

「思ったより不便だな」と感じられる方も少なくありません。

そこで今回は、注文住宅で失敗しやすいポイントを、

3つに絞ってご紹介します。

 

 

窓が大きすぎる

注文住宅の失敗談の中には、窓に関する声が多く聞かれます。

特に目立つのが「窓の大きさ」についてです。

明るい室内を目指して大きな窓を設置したのはよかったものの、

窓がある場所には収納を置けず、想定していたより物をしまえない

というケースは少なくありません。

また、窓が大きいとそれだけ外気温の影響を受けやすくなるため、

冷暖房効率が悪くなり、光熱費が上がってしまうというデメリットもあります。

大きな窓は開放感を高めてくれるという魅力がありますが、

収納や空調の効率も考慮したうえで検討しましょう。

 

コンセントの数と位置

注文住宅を設計する際、間取りや大きな設備に意識が向きがちですが、

実はコンセントの数や位置に関する失敗談も多い、

ということをご存知でしょうか。

リビングの壁につけたコンセントが、

設置した家具で隠れて使えなくなるケースや、

キッチンや玄関、駐車場など、

こまごまとした家電製品を使う場所に

コンセントがなくて困るご家庭は少なくありません。

また、意外と見落としがちなのが、大きな収納内のコンセント。

クローゼットの中にコンセントをつけておくことで、

照明器具を取り付けたり、

布団乾燥機をつないで使用したりできるためおすすめです。

コンセントの数や位置で失敗しないためには、

どのような家具をどこに置くか、あらかじめシミュレーションしたり、

生活動線のイメージをしたりすることが大切です。

 

キッチン設備

毎日料理をする方にとって、いかにキッチンを

快適な空間にするかは大切なポイント。

キッチンに関しての失敗談で特に多いのは、

アイランドキッチンやオール電化の導入です。

お子さんのいる家庭にとって、

リビングを見渡せるアイランドキッチンは魅力的。

見た目のおしゃれさも相まって好まれる設備ではありますが、

リビングから丸見えな分、生活感のあるものを

放置しづらいと感じる方も多くいらっしゃいます。

アイランドキッチンを導入している家庭では、

目隠しを作ったり、収納を用意したりといった工夫をされています。

また、近年導入する家庭が増えてきているIHコンロは、

ガスコンロでの料理に慣れている人は、

ストレスに感じる場合もあるようです。

ただしIHコンロは安全性が高く、

掃除しやすいというメリットもあるため、

どちらが向いているか比較してみるといいでしょう。

 

失敗しやすいポイントを押さえて理想のマイホームを建てよう

今回紹介した以外にも、

注文住宅で失敗しやすいポイントはたくさんあります。

こうした失敗を避けるためには、

設計の段階でハウスメーカーにじっくりと相談し、

過去にマイホームを建てた方の声も参考にすることが大切です。

 

 

秀光ビルドでは、「この家にしてよかった!」と思っていただけるよう、

お客さまの理想やライフスタイルに合った、設備・設計のご提案をしております。

店頭またはオンラインでは無料相談会を実施しており、

どなた様でもお気軽にご相談いただけます。

【ご予約はこちらをクリック!】

注文住宅についてご不安点があれば

ぜひ一度、秀光ビルドにお話をお聞かせください。

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ