秀光ビルドのブログ

Blog

戸建orマンションどっちを選ぶ?

こんにちは、秀光ビルドです!

 

戸建住宅を購入するか、マンションを購入するか悩む方は非常に多いです。

どちらが正解というわけではありませんが、

どちらが最適な住まい環境か、選ぶポイントがあります。

各家庭の家族構成や属性、ライフスタイルによっても選ぶ基準はさまざまです。

3つのポイントに絞って、戸建orマンションを解説します。

 

 

 

チェックポイントその1 「価格や資産価値ならどっち」

ひと昔前までは、戸建住宅の価格が高く、マンションがやや割安という時代がありました。

しかし、近年の不動産市場の活性化により、マンションと戸建住宅の価格相場に差が少ないです。

但し、戸建住宅の方が2階3階と上に作れるため、床面積を広くとりやすい特徴があります。

広い面積を安く手に入れるには、戸建住宅が有力でしょう。

そして気になる資産価値ですが、戸建住宅の場合は土地代のメリットが高く、

土地は劣化するものではないため、建物以外の資産価値は地価次第であり落ちにくいです。

マンションは、築年数に比例して資産価値は下がることが一般的。

しかし、立地の良い物件を選ぶことで、資産価値を下げにくくすることも可能です。

 

 

チェックポイントその2 「ライフスタイルで決めるならどっち」

戸建住宅とマンションでは、ライフスタイルの差も大きいです。

マンションはワンフロアでの生活で、セキュリティーが充実しているものが多いです。

同じマンション内だとしても、特に近所付き合いもなく、

プライバシー性にも守られている環境と言えます。

戸建住宅の場合には、お子様がいる場合にありがちな、

騒音で近隣に迷惑を掛ける心配が少ないです。

マンションの場合、どうしても隣住民や下の階の住民に気を使わなくてはいけません。

そして戸建住宅の方が、子供部屋も作りやすい傾向があります。

マンションでは間取りが限られているため、

家族構成によっては難しい選択肢となってくるでしょう。

 

 

チェックポイントその3 「購入後の費用で決めるならどっち」

戸建住宅にしてもマンションにしても、購入したら終わりではありません。

建物は年数が経てば劣化するものであり、どちらの場合にもメンテナンスが必要です。

戸建住宅の場合には、個人で修繕を予測しメンテナンス費用を貯めておかなければいけません。

そして、すべての管理を個人でしっかりと行います。

マンションの場合は、管理費と修繕積立金が物件によって決められており、

毎月決まった金額を支払います。

管理や修繕計画を個人でする必要はありませんが、その変わり毎月の支払いが発生。

さらに、駐車場に関しては戸建住宅で敷地内に作れれば無料です。

マンションは、駐車場代が掛かるため、その差も大きいでしょう。

戸建住宅とマンションでは特徴が大きく異なり、「お金」「ライフスタイル」「管理」等、

このようなポイントはどちらが向いている環境か考えると決めやすいです。

今 現在だけでなく、長く先を見越して考えると良いでしょう。

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ