秀光ビルドのブログ

Blog

戸建て住宅の火災保険を知る

こんにちは、秀光ビルドです!

戸建て住宅を購入すると共に、考えなくてはいけないのが「火災保険」です。

いつどこで災害に巻き込まれるかわからないため、万が一に備えて入っておきたい保険。

しかし、普段なかなか馴染みのない火災保険なので、

どんな保険なのかわからない方も多いでしょう。

今回は、戸建て住宅に必要な火災保険のポイントをご紹介します。

 

 

チェックポイントその1 「戸建て住宅の火災保険とは」

火災保険と聞くと、当然火災での損害に備えた保険と思うでしょう。

しかし、実際は火災だけでなく、意外と幅広い備えに適した保険です。

火災以外の対象には、

「落雷」「爆発」「風災」「ヒョウ災」「雪災」「水災」「水漏れ」が入っています。

近年は異常気象により、落雷やヒョウ災、風災、水災も増えているため、

非常に助かる保険でしょう。

さらに、外部からの衝突事故や落下事故、飛来、

暴力行為や盗難などにも火災保険が適用とされています。

火災保険という名称ですが、これだけ幅広く保証してくれるため、

戸建て住宅を持った方は、加入しておいた方が良い必須保険でしょう。

 

 

チェックポイントその2 「火災保険に関わる失火責任法」

日本の法律で「失火責任法」というものがあります。

なかなか馴染みのないものなので、知っている方は少ないでしょう。

失火責任法は、近隣の家を延焼させてしまった場合、失火者に重大な過失が無い限り、

損害賠償を負わなくてよいという法律です。

例えば、自分の家が隣の家の火事で火が移ってきても、

火の元の家に損害賠償請求ができないというものになります。

このような法律があるため、より火災保険の重要性が高いと言えるでしょう。

 

 

チェックポイントその3 「火災保険は地震にもOK?」

火災保険は幅引く備えができるため、大変充実した保険ですが、

地震が原因となる場合は対象外となるので注意しましょう。

日本は地震大国なので、地震の損害保証は大変気になるところですが、

地震は大規模な損害になる可能性が高いため、

火災保険でカバーすることが難しいとされています。

地震による損害を備えたい場合には、地震保険を検討する必要があります。

 

 

火災保険で幅広く備えることができる、

重要な保険ということはおわかり頂けましたでしょうか?

火災の備えだけでなく、自然災害の多い日本では

欠かすことのできない保険と言っても良いでしょう。

万が一の時に困らないよう、備えておくことをおすすめします。

 

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ