秀光ビルドのブログ

Blog

思い切って家を建て替えたい!建て替えの流れと期間は?

こんにちは、秀光ビルドです!

家の老朽化が進み、劣化が目立つようになってきた・・・。

相続で家を受け継いだけど、古くて住みにくい・・・。

という方には、思い切って建て替えることも

有効な選択肢のひとつです。

しかし、建て替えとなると、

完成するまでの流れや期間など把握しておくことは非常に大切。

今回は、建て替えの際に知っておくべきポイントをご紹介します。

 

 

チェックポイントその1
「戸建住宅建て替えの流れ」

建て替えは、元々ある家を解体して

新しい家を建てることを言います。

元々ある家に自分が住んでいる場合は、

完成するまで住み変えが必要となるため、

流れを間違えないよう計画的に進めることが大切です。

【建て替えまでの流れ】

・建築会社を探す(モデルハウスを見学)

・希望プランや予算の相談

・土地の地盤調査や測量

・建て替えの見積もり(建築会社の選定)

・建築会社と契約と結ぶ

・仕様、設備、詳細を決める

・建築確認申請書の提出と、住宅ローン本審査

・変更契約を結ぶ

・仮住まいへの引っ越しを進める

・解体工事→建設工事スタート

・工事完了→引き渡し

・登記手続き

通常の物件購入時と異なり、

解体時と建設時は別の住まいに、

一時的に引っ越す必要があります。

よく注意して計画をするようにしましょう。

 

チェックポイントその2
「建て替えにかかる期間」

上記①~⑫の工程の内、

①~⑤はこだわりが少なければ

1、2ヶ月で済むケースが多いでしょう。

設計や構造にこだわる場合には、

半年、1年とかかるケースもあります。

その後の手続きが完了し、

建設に入れば約1年前後で完了が目安でしょう。

面積や設計、仕様によっては

もっと早く完了することも珍しくありません。

 

チェックポイントその3
「建て替えにはどんな費用がかかる?」

通常の戸建住宅購入時は

「建物費用+土地費用+諸費用」ですが、

建て替えの場合には「工事費用+諸費用」

という項目になります。

工事費用は、建て直し費用や解体費用、

その他工事費用含まれます。

電気工事や配管工事など必要になると、

別途必要になるでしょう。

諸費用は、手続き上の手数料や税金、

各種申請料、仮引っ越し費用などさまざまです。

諸費用も積み重なると大きな金額となり、

こちらは現金で用意しておくことをおすすめします。

 

 

建て替えとなると大変そうで

なかなか思い切れない方も多いですが、

通常の戸建住宅の購入のように

土地探しから始まるわけではないので、

早く完了するケースもあります。

築年数や生活の利便性を目安に

考えてみるとよいでしょう。

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ