秀光ビルドのブログ

Blog

引き渡し後の不安を解消!住宅瑕疵担保責任保険とは?

やっと手に入れた念願のマイホーム。

いざ引き渡しを受けたあとに、住宅の欠陥が見つかったらどうしたらいいのか、

不安に感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

万が一欠陥が見つかったときのために住宅事業者が加入するのが

「住宅瑕疵担保責任保険」です。

 

 

住宅瑕疵担保責任保険とは?

「住宅瑕疵担保責任保険」は、

引き渡し後の新築住宅に瑕疵(欠陥)が見つかった場合に、

修復・補修を行った事業者に対して、保険金が支払われる制度です。

基礎部分へのシロアリ被害や雨漏りなど、

引き渡し時には気づきにくく、

住宅の耐久性に大きく影響する部分が「瑕疵」に該当します。

 

住宅の瑕疵に対する事業者の義務

住宅事業者は品確法という法律により、提供する住宅の瑕疵に対して、

住宅瑕疵担保責任を10年間負うことと定められています。

つまり、新築物件に瑕疵が見つかった場合、購入者は事業者に対して、

補修や修復にかかる費用を請求できるということです。

しかし、住宅の瑕疵が見つかった時点で事業者が倒産していたり、

事業者に十分な資金力がなかったりした場合、

住宅に瑕疵があるまま放置されることになり、

居住者にとっても近隣住民にとっても、

非常に危険な状態になってしまいます。

こうした事態を防ぐために、住宅事業者は、

住宅瑕疵担保責任保険に加入することにより、

修繕などにかかる費用を確保しておくことが義務づけられています。

このように、住宅瑕疵担保責任保険があることで

消費者は安心して新築住宅を購入できるのです。

 

保険期間は延長可能

住宅瑕疵担保責任保険の保険期間は、

事業者が住宅を引き渡してから10年間です。

ただし、住宅事業者によっては追加プランをつけることで、

保証期間を5年または10年延長できる場合もあります。

秀光ビルドの住宅瑕疵担保責任保険は最長30年保証

秀光ビルドでは、10年間の住宅瑕疵担保責任保険に加え、

延長保証保険を追加することで、保険期間を最長30年まで延長できます。

延長には定期点検と、必要に応じたメンテナンス工事が必要になるため、

詳しくは店頭またはオンラインの無料相談会でご相談ください。

【ご予約はこちらをクリック!】

 

 

こだわって建てた注文住宅は、10年と言わず、2030年と

長く大切に住み続けて欲しいというのが、秀光ビルドの願いです。

安心して暮らせるマイホームが欲しいと思ったら

ぜひ秀光ビルドにお任せください。

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ