秀光ビルドのブログ

Blog

建売住宅と注文住宅のどちらが良いか

こんにちは、秀光ビルドです!

戸建て住宅を購入する際には、「建売住宅」と「注文住宅」があります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、

マイホームに求めるポイントによってどちらが向いているか変わってきます。

今回は建売住宅と注文住宅、それぞれの特徴や向いている方のポイントをご紹介します。

 

 

チェックポイントその1 「建売住宅と注文住宅それぞれの特徴」

建売住宅とは、土地と建物をセットで購入する方法です。

建物の設計も大半が決まっており、一部購入時に間取りやデザインの調整が可能となっています。

近年の建売住宅は、広い敷地内に複数の戸建て住宅を建てるケースが多いです。

一方、注文住宅の場合は、土地と建物を別々で購入することがほとんどとなります。

ハウスメーカーや工務店などに建物の設計・建築を依頼して

、デザインや間取り、素材、設備などを自由に決めることが可能です。

注文住宅の方が建売住宅より費用が掛かってしまうイメージですが、

注文住宅はコストを抑えようと思えば、それに合わせた作りができます。

 

チェックポイントその2 「入居までの流れと期間」

建売住宅は、土地と建物が同時に購入できるため、注文住宅より早い期間で入居が可能です。

完成され物件であれば、契約完了後、最短で1か月程度で入居できる場合もあります。

建築が契約後始まる場合でも、早ければ4,5カ月程度で引き渡しまでできるでしょう。

注文住宅は、土地を決めてからがスタートになります。

土地を購入してから建物の設計や建設となり、

工法や面積にも異なりますが半年~1年程度引き渡しまでかかるでしょう。

 

チェックポイントその3 「どんな人がどちらに向いているか」

建売住宅と注文住宅の特徴から、どんな人がどちら向いているか。

自身がマイホームの購入で、どのポイントを重視するか考えてみましょう。

建売住宅に向いている人

・早く入居をしたい

・土地と建物を手間なく簡潔に購入したい

・間取りやデザインなど、ある程度決められた中から選ぶようにしたい

注文住宅に向いている人

・土地を持っている人や建て替えを検討している

・外観や内装などのデザインや設備、素材などこだわりがある

このようなポイントから、自分がどちらのマイホーム購入方法が向いているか考えておくと良いでしょう。

 

 

戸建て住宅の中でも、建売住宅と戸建て住宅とでは、大きく変わってくることがわかります。

マイホームの購入で、重要視するポイントがどちらに最適か考えておきましょう。

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ