住まいづくり館-加古川-のブログ

Blog

子どもの生活習慣や学習習慣が自然と身に付く家づくり「子育て応援住宅」とは!?

こんにちは、秀光ビルド加古川店です!
突然ですが、「子育て応援住宅」という言葉を聞かれたことはありますか?

「子育て応援住宅」とは、子どもが効率よく学習ができて、片付けや整理整頓などを習慣化しやすいように工夫されている住まいのこと。
家づくりにおいても、子育てのための工夫をあらかじめしておくことで、子どもの生活習慣を良くすることができます。
例えば、どんな工夫ができるのかをご紹介しましょう。

 

子ども目線の動線計画
玄関→シューズクローク→ファミリークローク→洗面所の動線を確保することで、帰宅後の手洗いや着替えがスムーズになり、朝の身支度も効率よくできます。
うがい手洗い、お片付けの習慣づけがしやすい動線です。

子ども目線の収納計画
いつ、どこで、なにをしまうかをわかりやすくするため、子どもの動線上にクローゼットや収納棚などを設けます。
リビングに子ども専用の収納を設置すると整理整頓の習慣が自然と身に付きます。

こどもの学習スペースをLDKに
子どもが学習している様子をうかがいながらキッチンに立てるのは、安心できるポイント。
ダイニングの近くに学習スペースを作りましょう。
対面式のキッチンならLDKが見渡せるので、さらに親子のコミュニケーションが深まります。

子ども部屋は可変性のある間取りに
幼少期には、ひとつの広いプレイルームとして活用し、思春期には間仕切りをして個室として利用。
子どもの成長や年齢に合わせて使い方を変えられるようにしておくのがよいでしょう。

 

その他にも、子どもが手伝いやすいように広めのキッチンを確保する、身近なLDKに本棚や教材を置くスペースを作る、2階に上がるとき子どもが必ずリビングを通るような間取りにするといった工夫もおすすめです。

子育てと家づくりは深い関係があるもの。
家づくりをするときはこうしたこともぜひ考えてみてくださいね。
子育て世代の皆さまの住まいがより良いものとなるように、秀光ビルド加古川店はさまざまなご提案をさせていただきます。

 

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ