秀光ビルドのブログ

Blog

夏は涼しく冬はあたたかい!注文住宅におすすめな断熱材とは?

いよいよ冬本番を目前にし、あたたかい住まいを思い描いて

家づくりをしている方も多いのではないでしょうか。

あたたかい家に住むためには、

注文住宅を建てる際の「断熱材選び」が重要です。

断熱材と聞くと、寒い地域の住宅で重要視されるもの、

というイメージが強いかもしれませんが、

断熱性能の高い住宅は、夏の暑い外気からも室内を守ってくれるため、

冷房効率が高まり、省エネにもつながるというメリットがあります。

さらに、断熱性能の高い住宅は結露が起きにくいため、

カビが生えにくく、家が長持ちするという点も魅力の一つです。

 

 

日本の住宅で使用される断熱材で有名なものは

「グラスウール」ですが、

グラスウールでは実現できない気密性と

断熱性を兼ね備えた断熱材があるということをご存じでしょうか?

それは「発泡ウレタン吹付断熱材」です。

一般的によく使用される「グラスウール」は、

ガラスを溶かして繊維状にした断熱材です。

加工がしやすく安価で手に入るため、

注文住宅を建てる際にグラスウールを選択する方は

多くいらっしゃいます。

 

しかし、グラスウールは実は防水性があまり高くはありません。

日本のように湿度の高い気候の住宅に使用する場合には、

十分な断熱性能を発揮できるよう、職人の腕が試される部分があります。

それに対して「発泡ウレタン吹付断熱材」は

グラスウールよりも防水性が高いのが大きな特徴です。

なかでもスプレー式の発泡ウレタン吹付断熱材は

家の細部や狭い部分まで吹き付けることが可能なため、

グラスウールや、最初から板状に加工された断熱材よりも

高い断熱性能を発揮してくれます。

さらに、グラスウールとは異なり、

空気を通さない性質を持っていることから

住宅の気密性も確保でき、部屋の空気を外に逃がしません。

 

 

つまり、「夏は涼しく、冬はあたたかい住まい」を実現できるのが、

発泡ウレタン吹付断熱材なのです。

注文住宅を建てる際には多くの断熱材が必要になるため、

コストカットのためにグラスウールを選択される方は

多くいらっしゃいます。

しかし、より快適で長持ちする家づくりを目指すのであれば、

断熱材にはぜひこだわっていただきたいところです。

秀光ビルドでは、お客様のご希望やご予算に合わせて

お家の断熱性や気密性をアップさせるご提案をしております。

断熱材の選び方で、お部屋の快適さや家の寿命が

大きく変わると言っても過言ではありません。

店頭またはWEBでの無料相談会で詳しくご紹介していますので、

ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ