秀光ビルドのブログ

Blog

増税後がお得!? その3.住宅ローン減税の拡充

こんにちは、秀光ビルドです!

先日は増税後のお得なすまい給付金について紹介しましたが、

いかかでしたでしょうか?

一定の所得の方には増税に対し負担がかなり軽減される事を知っていただけたと思います。

さて、今回は増税後の3つ目のメリットである、

住宅ローン減税の拡充についてご紹介します!

 

住宅ローン減税(控除)期間の延長

 

住宅ローン減税とは、住宅ローンを借り入れて

住宅の新築・取得又は増改築等をした場合、

年末のローン残高の1%を所得税(一部、翌年の住民税)

から10年間控除する制度です。

 

 

今回の消費税増税後の住宅購入等を支援するため、

2019年10月1日から2020年12月31日までの間に入居した場合を対象に

住宅ローン減税の控除期間が現在10年間のところ、13年間となり

3年間延長(建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税)となります。

こちらの制度は長期優良住宅であれば控除額が大きくなります。

11~13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額となります。

・住宅借入金等の年末残高(4000万円※を限度)×1%

・建物購入価格(4000万円※を限度)×2/3%(2%÷3年)

※長期優良住宅や低炭素住宅の場合:借入金年末残高の上限:5,000万円、建物購入価格の上限:5,000万円

 

 

いかがでしょうか?

住宅ローン減税の控除期間延長について知っていただけたかと思います。

秀光ビルドで長期優良住宅をお得に建てましょう!

 

ブログ

ページトップ