秀光ビルドのブログ

Blog

増税後がお得!? その2.すまい給付金

こんにちは、秀光ビルドです。

先日は増税後のお得な次世代住宅ポイントについて紹介しましたが、

いかかでしたでしょうか?

増税後でも制度を活用することにより、

増税前よりお得になる場合がある事を知って頂けたと思います。

さて、今回は増税後の2つ目のメリットである、すまい給付金についてご紹介します!

 

すまい給付金

 

すまい給付金とは、家を建てたり購入した人の

初期負担を軽減するためにお金を給付してくれるもので

収入に応じて一定の金額を得られる制度です。

 

2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げ後には増税の負担軽減の為、

国交省より給付額が最大30万円から50万円に拡大

することが決定しています。

 

給付額が増えるということは、一定の所得の方には増税に対し

負担がかなり軽減されるということです。

仮に年収が500万円の場合、消費税8%の時にはすまい給付金は10万円ですが、

増税後には40万円となり、30万円も支給額がアップします。

 

それだけでなく、以前は『年収510万円以下』が支給条件だったのに対し、

改正後は『年収775万円以下』の方も受給できようになります。

ぐんっと対象者も増え、かなり大きな改正ですね。

 

国交省のすまい給付金サイトでは

消費税前後のすまい給付金額シュミレーションが可能です。

自身の条件を入力して比較してみましょう。

クリック→すまい給付金シミュレーション

 

 

 

 

 

すまい給付金の利用条件


  • 《購入者に関する主な要件》
    ・住宅の所有者であること(不動産登記上の持分保有者)
    ・住宅の居住者であること(購入した住宅への居住が住民票で確認できる)
    ・収入が一定以下であること
    8%時:収入額の目安が510万円以下
    10%時:収入額の目安が775万円以下
    ・(住宅ローンを利用しない場合のみ)年齢が50歳以上の者
  • 《住宅に関する主な要件》
    ・購入する住宅に対して、引き上げ後の税率が適用されること
    ・床面積が50㎡以上であること
    ・第三者機関の検査を受けた住宅であること

この制度は、良質な住宅の形成を促進するという目的も含んでいるため、

住宅の質に関してもいくつかの要件が設定してあります。

 

秀光ビルドなら安心・安全をモットーに施主様にお家を提供しているので

住宅に関する主な要件も楽にクリアできちゃいますね。

 

 

いかがでしょうか?

増税後でも増税前よりお得な場合がある事を知って頂けたと思います。

嬉しい『すまい給付金』についてのご紹介でした!

次回は増税後メリットの3つ目をお伝えする予定です。お楽しみに!

ブログ

ページトップ