土地と建物だけじゃない!家づくりに必要なお金の話

こんにちは!秀光ビルド岐阜店です。

家づくりに必要なお金といえば思い浮かぶのが土地と建物の費用だと思います。もちろん、家づくりにおいてお金がかかる部分なのですが、実は土地と建物以外にもさまざまな費用がかかるのです。

 

土地を取得したときには、土地の所有権を登記簿に記載するための登記をする必要があり、登録免許税という税金や、司法書士へ依頼した場合には報酬も支払わなければいけません。他にも不動産取得税や印紙税などの税金も必要です。

 

土地によっては、家を建てるときに土地の地盤をしっかりとしたものに整備するための費用として地盤改良費もかかります。上下水道の引き込みがなければ、その工事を行わなければならず、上下水道引き込み工事費、また浄化槽の場合は、その費用がそれぞれかかります。

 

万が一の災害に備えて火災保険にも加入しなければいけません。ローンを組む際には、保証料や事務手数料も必要です。これ以外に税金や家づくりに関する諸経費が多く、土地と建物以外にも何かと費用がかかります!

 

「土地と建物合わせて2,000万円」といった広告をよく見かけますが、2,000万円を用意しさえすればOKというわけではありません。あくまで目安ですが、2,000万円とは別に200万円ほど諸経費が必要だと思ってください。

もちろん、諸経費は立地や建てる家などによって大きく変わります。秀光ビルド岐阜店では、こうした諸経費についてもご相談を受け付けております。ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください!