国内一流メーカーから選べる秀光ビルドの水廻り設備。メーカーごとの特徴や機能を徹底解説!<LIXIL編>

住まいに必要な設備といえば、キッチン、バス、トイレ、洗面化粧台などの水廻り設備。
毎日使うものだから、新築する際はしっかり吟味して選びたいという方も多いのではないでしょうか。

秀光ビルドでは、人気の国内メーカー、LIXIL(リクシル)、Takara standard(タカラスタンダード)、TOTO(トートー)の3社の水廻り設備から、スタンダード(ST)、ハイクオリティ(HQ)、デラックス(DX)とそれぞれ3つのグレードの設備仕様が選べます。

第1回目は、LIXILの水廻り設備の特徴をご紹介します!

●システムキッチン
長年に渡るキッチン作りのノウハウを凝縮した、充実の機能アイテムを搭載したLIXILのキッチン。家を1軒分トータルコーディネートできるLIXILならではの、インテリアと調和するデザイン性を兼ね備えているのが自慢です。STとHQには、お手入れのしやすさと片付けやすさにすぐれた高性能なステンレス製の「スキットシンク」を搭載。ゴミを洗い流す時間も短縮してくれるから節水効果も◎。DXには、人造大理石の質感を活かした滑らかな形状のワイドシンクを搭載しています。

●システムバス
LIXILのバスルームは、手軽なリラックス、もっと便利なキレイを追求しています。どんな姿勢でも押すだけで吐水・止水のできる「プッシュ水栓」に加え、丸ごと壁から簡単にはずせ、洗いにくい壁や床もラクな姿勢で洗える「まる洗いカウンター」や、強い渦が汚れを流す「くるりんポイ排水口」など清掃性を追求した機能も全グレードに搭載。足も肩まわりもゆったり伸ばして入浴できる底面が広い「ロング浴槽」も選択可能です。HQとDXは、軽くこするだけで汚れをキレイに落とせる「キレイサーモフロア」だから、さらにお手入れが簡単。DXには、お湯が真上から降り注ぎ一瞬で体を包み込む「オーバーヘッドシャワー」を搭載しており、よりリラックス感のあるバスタイムが楽しめます。

●洗面化粧台
お掃除の手軽さと節水・省エネ機能を搭載したLIXILの洗面化粧台。グレードによる形状の違いはありますが、それぞれ汚れがたまりにくい排水口と充実した収納機能が特徴です。STとHQには、汚れがたまりにくい排水口、節水シャワー水栓を採用し、DXには、水栓まわりに水がたまらず、拭き掃除がより簡単な「キレイアップ水栓」と「キレイアップカウンター」を採用しています。

●トイレ
LIXILのトイレは、全グレード節水&節電効果が高いのはもちろん、汚れがつきにくくお掃除しやすいところがポイント。DX・HQ仕様には、便座が真上に上がり、今までお掃除がしにくかった隙間汚れも奥までラクにお掃除ができる「お掃除リフトアップ」を標準搭載。さらにDX仕様は新品の時の白さ・輝きが100年つづく新素材の「アクアセラミック」仕様となっており、日々の簡単なお掃除で、リング状の黒ずみや便器のくすみの原因となる水アカ汚れが固着しにくい機能が搭載されています。

最新機能や使い勝手を確認するなら、メーカーショールームへ!
▼和歌山店最寄りのLIXILショールームはこちら▼
LIXIL和歌山ショールーム (JR紀三井寺駅から徒歩約8分)
https://www.lixil.co.jp/showroom/kinki/wakayama/

秀光ビルド指定商品の見学希望」とお伝えいただくと、商品特長を知り尽くしたショールームスタッフが分かりやすく説明してくれます。
水曜日の休館日以外は、開館時間中であればいつでも見学可能ですが、商品案内を希望される場合は予約してから訪問してくださいね。
3つのグレード、さまざまなデザインバリエーションの中からこだわりの設備を見つけましょう!

次の水廻り設備のご紹介は、Takara standard♪
どうぞお楽しみに。

<取材協力>
株式会社LIXIL 関西支社

※写真はイメージです。