秀光ビルドのブログ

Blog

固定資産税とは

こんにちは、秀光ビルドです。

 

固定資産税ってよく聞くけど、よくわからない〜(;;)

にお答えして詳しく説明していきますね!

 

そもそも固定資産税とは?

 

固定資産税とは、土地、建物などの固定資産を1月1日時点で所有している方に対して割り当てられる税金です。納める金額は、市町村の決定した固定資産税評価額に基づき、その年の4月1日から翌年3月31日までの分が割り当てられます。

 

実際に計算してみるとこのようになります。

(例)公示価格が3,000万円、75㎡の住宅用地だった場合、固定資産税はいくらでしょう?

 

 

ちなみに、固定資産税はいつ払うのか?

(※市町村によって異なる場合がありますので、ご確認ください。)

固定資産税の納期は、納税通知書の案内が毎年4月から6月になると、その年の最初の納税通知書が市町村から届きます。市民税と同じく支払いについては、年4回の分納または一括払いを選択することができます。

支払方法は

  • 市町村・郵便局・金融機関・コンビニでの現金払い
  • 口座振替による自動支払い
  • ATM・ネットバンキングでのペイジー支払い
  • クレジットカードでの支払い

4種類から選択できます。

 

固定資産税は、市町村や年度によって課される額が異なります。またご近所同士でも違う額を納めていることが多くあります。自らが支払っている納税額に疑問を覚えた場合、市町村役場に問い合わせることもできます。固定資産税は、所得税と同じく毎年支払うものですので、少しでも不安なことがあれば、相談してみることをおすすめいたします。

 

ブログ

ページトップ