住まいづくり館-長野-のブログ

Blog

光触媒の力で、外壁の美しさをいつまでも保てる「光セラ」

こんにちは、秀光ビルド長野店です。今日は外壁材のお話をさせてください。

秀光ビルドの家は、美しさを長く保てる外壁材を標準仕様としていますが、それでも新築から約30年間に、2回ほど再塗装する必要があります。その時期がお子さんの進学やご結婚などと重なると、きつい出費になってしまいますね。でも、最初に費用はかかるけれど、その後は約30年間、再塗装の必要がない外壁材もご用意しているんですよ。それが「光セラ」です。

「光セラ」は付着した汚れを光で分解できる「光触媒」を採用した外壁材です。雨水が汚れを浮かして洗い流すという効果もあるんですよ。また、車の排気ガスに含まれるNOXなどの有害物質を、酸化作用によって無害なイオンに変換し、雨で洗い流すという効果もあります。さらにとても軽いので、地震などの時に建物にかかる負荷を減らすこともできます。

その効果は「住まいづくり館-長野店-」の入口で行っている試験風景の写真をご覧ください。左が標準仕様の外壁材で、右が光セラです。落ちにくい汚れをつけて、放置すること約20日でこれだけの差が。

 

光触媒の外壁材はオプションとなりますが、断然お得なんですよ。例えば2階建て30坪、外壁面積約200㎡の家の場合、標準仕様の外壁だと30年間に2度の再塗装が必要で、一般的には合計230万円(アクリルシリコン塗装の場合)ほどかかります。それに対して光セラの外壁材は新築時に59万6,000円かかるだけで済む場合がほとんどです。その差は約30年間で170万円です。

このようにライフサイクルコストを大幅に削減できる「光セラ」。ぜひご検討ください。ちなみに長野店では、光触媒の効果が分かる実験キットをご用意しています。気になった方はぜひご来店の上、実験してみてくださいね。

ブログ

ページトップ