秀光ビルドのブログ

Blog

使いやすいキッチンのポイント

こんにちは!秀光ビルドです。

 

お家の間取りを決めるとき、やっぱりキッチンは気になるはず。

毎日使うものですから、なるべく使いやすいキッチンにしたいですね。

 

 

使いやすいキッチン

 

キッチンの配置として大事なのは、コンロ・シンク・冷蔵庫の位置関係です。

どれも欠かせないものですが、

これらがどのくらい離れているかで、使いやすさは変わってきます。

 

目安にはなりますが、

・コンロ~シンク:120~180cm

・コンロ~冷蔵庫:120~270cm

・シンク~冷蔵庫:120~210cm が理想です。

 

それと同様に、キッチンの作業スペースも加味することが重要になってきます。

作業スペースの広さは、90㎝〜100㎝くらい確保できるか確かめておくとおすすめです。

 

また、キッチンに2人が作業することが多いという場合には、

もう少し幅に余裕を持たせておくと、お互いがスムーズに行き来できます。

 

冷蔵庫は奥行きがあるので、食器棚とのバランスも考えて配置していきたいですね。

 

 

キッチンのレイアウト

 

使いやすいキッチンにするために、

キッチンのワークトップ(天板)のレイアウトは大切な要素です。

 

キッチンでの作業の流れといえば、

「食材を出して洗う」→「下ごしらえ~調理」→「盛り付け」→「食事をする」→「食器を洗う」というものです。

この作業をスムーズに進めるための場所が確保されているかどうかが、ポイントになっています。

 

調理スペースであれば、まな板の場所や、

食材を仮置きする場所があれば作業がしやすいですよね。

三角コーナーの位置も、最初から考えておく方が、のちのちストレスになりにくいでしょう。

 

調理するスペースをきちんと確保しておきながら、調理のスタート時から片づけまで、

どのように動くかを考えながら、ワークトップのレイアウトを決定していきたいですね。

 

 

Ⅰ型キッチン

 

こちらのキッチンのように、コンロとシンクが横一列に並んでいるキッチンのことが、

Ⅰ型キッチン」です。

 

このような対面キッチンになると、キッチンの後ろに食器棚が配置できますので、

リビングやダイニングにいる家族の様子を伺えるのが、一番の魅力でしょう。

 

全体的にバランスが良いため、一般的によく使われるキッチンの形です。

 

 

アイランドキッチン

 

 

アイランドキッチンとは、「アイランド=島」というように、

部屋の中で島のようになっているキッチンです。

キッチンと壁が接する場所が無く、オープンキッチンの代名詞とも言えますね。

 

アイランドキッチンのレイアウトを検討する場合は

キッチン内に広いスペースを確保しておくことが大切です。

 

 

ゴミ箱の置き場所

 

また、ゴミ箱の置き場所も、キッチンのレイアウトの中で大切な要素です。

キッチンでは細かいゴミが多いですし、生ごみ等もあるため、

なるべくキッチンからゴミ箱までの距離は近くに配置したいものです。

 

 

キッチンの近くにあると嬉しいもの

 

キッチンの近くにあると嬉しいものといえば、「パントリー」や「家事スペース」が挙げられます。

パントリーは、キッチン近くにあると何かと便利です。

 

 

食品ストックや非常食などの備蓄品も収納できるので、災害時に備えておけるのも良いですよね。

キッチンは散らかりがちですが、パントリーがあることで収納力が増え、

キッチンがスッキリしやすくなります。

 

また、家事スペースは水廻りをつないだところなどにあると、非常に使いやすいです。

 

 

キッチンのレイアウトを考える流れで、動線を意識し水廻りにつなげたとき、

一緒に家事スペースも設けると良いかもしれません。

 

料理をしている合間にちょっとした家事をこなすなど、

家事スペースをキッチンの近くにレイアウトすることで一気に使いやすくなります。

 

 

このように、自分がキッチンを使うことを考えてレイアウトをすると、イメージしやすくなるでしょう。

使いやすいキッチンに興味がある方は、ぜひお近くの秀光ビルドまで、ご相談くださいませ。

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ