住宅ローンの種類(金利)のお話

こんにちは、秀光ビルド仙台南店です。
家を建てる時に利用する住宅ローン。この時に大切なのが金利です。金利には全期間固定型、固定期間選択型、変動型の3種類があります。今回はこの金利について詳しく説明します。

① 全期間固定型 市場金利が上下しても、返済額は返し終わるまで固定されています。返済額の変動がないので「安心を買う」といったイメージです。金利は基本的に高めに設定されています。

② 固定期間選択型 3年・5年・10年など、自分で選択した一定期間の金利が固定されます。その一定期間が終了すると、固定期間の再設定や変動金利への見直しができます。

③ 変動型 金利は半年ごと、返済額は5年ごとに見直されます。3種類の中では金利が一番低い設定になりますが、金利の上昇によるリスクはつきものです。金利水準が下がると返済額も少なくなります。しかし金利の変動によって将来の返済額が変わる可能性もあることを充分に理解しておきましょう。

金融機関も扱われている商品もさまざまな住宅ローン。金利のタイプによって総返済額は変わってくるので慎重に検討してくださいね。

当店では住宅ローンに関する情報も家づくりの一環でサポートしています。お客様自身が色々な金融機関をまわり検討する手間が省けます。どうぞ、お気軽にご相談ください!