秀光ビルドのブログ

Blog

ワンランク上に見せる住まい空間

こんにちは、秀光ビルドです!

住まい空間は快適な住み心地だけでなく、

誰に見せても恥ずかしくないホテルのような空間に憧れますよね。

ワンランク上に見せるためには、高級な住宅であったり、

ブランドの家具を揃えたりと思っている方が多いですが、そうではありません。

すべては使い方と見せ方で、印象は大きく変わるものです。

今回は、ワンランク上の住まいに見せるためのポイントをご紹介します。

 

 

チェックポイントその1 「材質で見せる住まい空間」

「高額な住宅は買えない・・・」からと言って、

ワンランク上の住まい空間ができないわけではありません。

特に材質の使い方次第で、住まい空間がガラッと変わります。

例えば玄関や廊下に、大理石風のタイルを使用すると、

フローリングとは大きく雰囲気が変わるポイントです。

今はタイルの種類も豊富で、高額な材質でなくても

ワンランク上の住まい空間を表現できます。

そして最近は、壁紙のアレンジも非常に人気を集めており、

一面だけタイル調にしたり、キッチン側の床だけフローリングにしたり、

さまざまなコーディネートが注目です。

モダンな雰囲気や清潔感のある雰囲気など、

1箇所アレンジするだけでもワンランク上の空間に変わるでしょう。

 

 

チェックポイントその2 「照明で見せる住まい空間」

ワンランク上の住まい空間を演出するために、

意外と重要な役割をするのが「照明」です。

デザイン系の照明もたくさんありますが、

シンプルにダウンライトや間接照明が上品な印象を与えやすいでしょう。

個人の好みにもよりますが、あまりデザインがゴチャゴチャしたものや、

明るすぎる照明はあまりおすすめできません。

電球の色も、昼白色より電球色の方が

温かみのある落ち着いた印象になります。

 

 

チェックポイントその3 「コーディネートで見せる住まい空間」

住まい空間を材質や照明で、ワンランク上の雰囲気にできたら、

最後は「コーディネート」です。

オシャレな家具やインテリア雑貨はたくさんありますが、

高い家具を揃えれば良いというわけではなく、

そのコーディネートで間違った住まい空間になりかねません。

ワンランク上の空間=空間の余裕が必要です。

失敗しがちなのが、物が下の空間にたまりやすい傾向があるため、

上の空間を演出する絵や観葉植物などをうまく利用すると良いでしょう。

 

 

ワンランク上の住まい空間にするために、

高額な費用を使う必要もなく、

ブランドの家具にこだわる必要もありません。

住まい空間のすべてではなく、

一部のポイントに気を付けるだけで、

大きく変化を付けることが可能です。

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ