秀光ビルドのブログ

Blog

  • TOP
  • 秀光ビルドのブログ
  • マイホームづくりで目指す「環境にやさしい」生活。注文住宅における「サステナブル」とは?

マイホームづくりで目指す「環境にやさしい」生活。注文住宅における「サステナブル」とは?

近年耳にすることの多くなった「サステナブル」という言葉。

「持続可能な」という意味を持つこの言葉は、

住宅業界にも少しずつ浸透してきています。

住宅業界が目指す「持続可能な住宅」のポイントは大きく分けて2つ。

1つは自然素材の積極的な活用、もう1つは省エネ性能の向上です。

マイホームを建てる際にサステナブルを意識すると、

長く安心して暮らせる空間になるだけでなく、

様々な優遇制度や補助金を受け取れる場合もあるため、

家を建てる前に必ずチェックしておきましょう。

 

 

家の建材に関する工夫

人にも環境にもやさしい住宅を建てるために、

自然素材の建材を積極的に活用することが、持続可能な住宅への第一歩です。

自然素材を使用することで、住む人の安全性が守られるだけでなく、

取り壊す際に自然に還すことができるため、

無駄な廃材を出さずに済むというメリットがあります。

代表的な素材は無垢材・漆喰・珪藻土など。

床や壁に取り入れることで、

年月の経過とともに味わいのある質感へと変化する点も魅力です。

さらに、近年では国内産の木材や、その地域で伐採・加工された木材の

積極的な使用を推進する「地域型住宅グリーン化事業」も進められています。

輸送時に発生する温室効果ガスの大幅な削減のほか、

地域経済の活性化・森林の循環も、この事業の目的です。

 

省エネ性能に関する工夫

住宅の省エネ性能を高めるためにまず必要なのは、

空調効率のいい住宅構造です。

夏や冬に外気の影響を大きく受ける住宅は、

空調効率が悪いためエネルギーを多く消費してしまいます。

壁に使用する断熱材にこだわったり、

高断熱素材でできた窓を選んだりすることで、

少ないエネルギーでも過ごしやすい室内にできます。

また、自然エネルギーを活用して生活に必要な電気や熱を得る

「創エネ」に関する取り組みも盛んです。

太陽のエネルギーを利用した太陽光発電のほか、

地熱を再利用した床暖房や給湯の技術も少しずつ進んでいます。

このように、使用するエネルギーを減らすだけでなく、

自然エネルギーで生活に必要なエネルギーを創りだすことで、

「ゼロ・エネルギー」を目指しているのが、昨今の住宅業界です。

省エネ性能が高く、さらに高い耐久性を持つ住宅は、

「認定長期優良住宅」と呼ばれ、国の補助金の対象にもなります。

詳しくは国土交通省のホームページを確認するか、

建築を依頼するハウスメーカーの担当者にご質問ください。

 

 

人と環境にやさしい住まいづくりはハウスメーカー選びから

サステナブルな住宅を作るということは、

環境だけでなく、ご家族の安心した生活を守ることにもつながります。

秀光ビルドでは、何世代にも渡って安心して暮らしていける

高い省エネ性能と耐久性を備えた住宅をご提供しています。

店頭またはWEBで随時開催している無料相談会は

どなたでもお気軽にご利用いただけます。

人にも環境にも優しいマイホームが欲しいと思ったら

ぜひ一度秀光ビルドにご相談ください。

 

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ