秀光ビルドのブログ

Blog

オール電化にしたい!メリット・デメリットをご紹介!

オール電化にしたい!メリット・デメリットをご紹介!

 

こんにちは、秀光ビルドです!

多くのマンションや戸建て住宅に取り入れられている「オール電化」。

「オール電化」とよく聞くけど、実際はどのような特徴があるのか。

便利なオール電化の特徴を知り、しっかりとメリットを活かせるようにしましょう。

 

 

 

チェックポイントその1 「オール電化とは」

オール電化とは、住宅で使用される調理機や空調機、電気、給湯機といったものを

全て電気で稼働するシステムです。

ガス式と大きな差が出るのが、キッチン・給湯・暖房の3つになります。

キッチンでは、ガスコンロではなくIHクッキングヒーターを使用。

ガスによる火ではなく、電気の熱で調理をする方法です。

給湯は、温かいお湯をガスで沸かすのではなく、

「エコキュート」「電気温水器」を使用してお湯を沸かします。

暖房は、ガスや灯油を使って床暖房や暖房機器を使わず、

給湯と同じように「エコキュート」を利用して床暖房や暖房機器を使用。

このように、住宅の中でガスや火を使っていた部分が、電気の熱によるシステムに変化します。

 

チェックポイントその2 「オール電化のメリット」

・暖房費などガス代が節約できる

電気の単価が安くなる夜間の時間帯に電気を蓄電するため、

熱やお湯、暖房費を抑えることが可能です。

・火を使わず安心

火を使わないため火災のリスクが減り、ガス漏れなどの心配もありません。

・基本料金を一種にまとまられる

ガスと電気を両方使用している場合には、ガス会社と電力会社両方の基本料金が必要となります。

年間

・災害時にも比較的有効

エコキュートや電気温水器のタンク内には、水が溜まっているため、

生活用水として一時的に利用することができます。

災害時にも、電気・ガス・水道の中で、電気が比較的復旧が早いライフラインです。

 

チェックポイントその3 「オール電化のデメリット」

・昼間の電気代が高くなる

オール電化の料金プランは、夜間の電力使用や蓄電にはコストが安くメリットが大きいですが、

昼間の時間帯は割高な電気代となるため、

夜間の蓄電が使えない分は節約のメリットが活かしきれません。

・設備コスト

オール電化にするためには、エコキュートなどの設置費用がかかります。

本体費用+電気・水道工事費用と初期費用は安くありません。

本体も大きいので設置場所も決めておく必要があります。

 

 

 

オール電化は現代的であり、大きなメリットもありますが、

そのメリットを活かせるか必要とするかは、人それぞれのライフスタイルによって異なります。

オール電化のメリット・デメリットを知って取り入れていきましょう。

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ