オール電化が標準仕様の理由って?

みなさん、こんにちは!秀光ビルド富山店です。

以前、太陽光発電蓄電池についてお話しましたが、秀光ビルドの家はオール電化標準装備されています。オール電化とは、キッチン・給湯・冷暖房など、家庭内のエネルギーをすべて電気でまかなうことです。では、なぜ標準なの?今回は、その納得の理由をお伝えしたいと思います。

初めてオール電化住宅で暮らす方からは、よくこんな話をされます。
「光熱費が安くなって、掃除もラクだわ~」
「夏に料理をしてても前より暑くない!」
そう、それこそまさに秀光ビルドがオール電化を標準仕様にする理由なんです。

まず、光熱費が安くなる!
富山はガス料金が高い!という経験はありませんか?その点電気代は割安です。電気に一本化すれば、グッと費用が抑えられます。中には、光熱費が半分になった!という話も。安くなった毎月の生活費を貯蓄やレジャーに充てられるかもしれませんね。

次に、お手入れがラク!
特に、キッチンのお掃除はガスと比べてとてもラクです。凹凸のあるガスコンロと違ってIHクッキングヒーターは平なガラス面。毎日使った後にサッと拭いておけばOKです。また、料理をすると油が上昇気流にのってレンジフードを汚しますが、IHだとそれが起こりづらく半年たっても汚れが少ないまま。ベタベタの汚れと格闘する年末の大掃除にもサヨナラです!

最後は、火を使わないので安心!
オール電化住宅では、火を使いません。お子さまはもちろん、ガスの青白い炎が見えにくい白内障患者さんやシニアでも心配ありません。中でもIHは、料理道具の必要な部分だけを温め、ガスコンロのように周りに火が広がらないので安心です。ムダなエネルギーを使わず、気温が上がりにくいので、夏に汗をかきながら料理をすることもなくなります。さらには、地震などによる二次災害も防ぐこともできますね。

今から新築を建てる家族にとって、オール電化は嬉しいメリットがたくさんあります。もっと詳しく知りたい方は、ぜひ富山店スタッフにお尋ねください。