インテリアコーディネーター塚本が教える照明の選び方。メリットとデメリットを考えて選びましょう!

こんにちは!秀光ビルド京都店、インテリアコーディネーターの塚本です。

今回も引き続き、照明をテーマにお話しします。

 

お部屋の照明を決めるとき、シーリングライトにするかダウンライトにするかで多くのお客様が悩まれます。
どちらが良いとは一概に言えるものではないため、それぞれの特徴やメリット、デメリットを考えて選ぶことが大切ですよ。

 

●シーリングライト
天井に直接取り付ける定番タイプの照明器具のこと。
お部屋全体を均一にまんべんなく明るく照らすことができ、リモコンで簡単に明るさや色が変えられます。
天井に出っぱりができるので見た目がイマイチ、ほこりがたまりやすいといったデメリットはありますが、とにかく便利で使い勝手の良さはピカイチです。
秀光ビルドでは、各居室のLEDシーリングライトが標準仕様となっています。

 

●ダウンライト
天井に埋め込む形で取り付ける小型の照明器具のこと。
インテリア要素を兼ね備えているため、見た目を重視されるお客様に根強い人気があります。
洗練されたオシャレな空間を演出できますが、真下をスポット的に照らすので、明るさにムラができやすくなります。
シーリングライトのほど自在にリモコン操作ができないため、使い勝手の面では不便を感じるケースも。
お部屋の大きさによって設置数を変える必要があり、また設置数が多くなるほど費用がかかるため、秀光ビルドではオプション仕様となっています。

 

照明を選ぶときは
・読書やデスクワークをする場所なら明るさ重視のシーリングライト
・雰囲気重視でカッコよさを重視した空間にするならダウンライト
といった具合に、どのように過ごしたいのかを考えるのがポイントです。

 

そしてもうひとつ、私がお客様によくお伝えすることは、

「毎日毎晩使うものだから、快適に暮らせることを最優先させましょう」ということ。

 

例えば、寝室には雰囲気のあるダウンライトや間接照明をというお声をよく聞きますが、実際に生活したときには、寝たまま電気のオンオフができ、明るさを変えられるシーリングライトの方が便利ですよというように、使うシーンを想定した実例を挙げてご説明しています。

 

家ができあがってから後悔することがないように、使うシーンをよく考えて照明計画を立てたいものですね。