秀光ビルドのブログ

Blog

あったら嬉しい住宅設備をご紹介

こんにちは、秀光ビルドです!

色んな住宅設備がある中、予算も上がってしまうため、

どこまで設備を充実させたら良いか悩んでしまいますよね。

便利そうだけど我が家には必要なものなのか、使ってみないとわからないものです。

せっかく設備をつけたけど、使わなかったら無駄になってしまうでしょう。

そんな方のために、あったら嬉しい住宅設備をご紹介します。

 

 

チェックポイントその1 「キッチン編」

キッチンが快適になることは、主婦にとって最高の環境と言えるでしょう。

キッチンの設備と言えば、「システムキッチン」や「IHクッキングヒーター」などが定番となっています。

そして、主婦の強い味方と言えるのが「食器洗濯乾燥機」。

食器洗いから乾燥まで、ボタン1つで完了してしまう優れものです。

水道代の節約にもなるとされ、人気の設備となっています。

選ぶ時の注意点としては、食器や調理器具の使用量に合わせた大きさを選ぶこと。

小さすぎても1回で終わりませんし、

あまり食器を使わないご家庭では手で洗った方が早いということになってしまいます。

さらに、意外と忘れられがちなのが水栓器具。

通常の水栓タイプやホース仕様が可能なものが定番ですが、現在は「タッチレス

タイプが注目を集めています。通常ではレバーなどで操作しますが、

タッチレスはセンサーが反応するため、手をかざすだけでOKです。

手が汚れている時や塞がっている時など、レバーを汚さずに水を使うことができます。

 

チェックポイントその2 「トイレ編」

トイレに設備とはあまり考えないかもしれませんが、

小さなポイントで快適なトイレ空間が作れます。

近年はコンパクトな住居が増えているため、

少しでも無駄なスペースは取りたくないですね。

現在はタンクをなくした「タンクレストイレ」が人気。

タンクの無駄なスペースが必要なく、最新タイプのものは汚れが着きにくい加工までされています。

トイレの選び方で、掃除機の手間や空間の使い方が変わってくるでしょう。

 

チェックポイントその3 「バスルーム編」

一日の疲れをとるバスルームは、癒される空間が良いですね。

バスルームの設備と言えば、「浴室乾燥機」や「追い焚き機能」などが重宝されています。

素材も汚れが着きにくいコーティングされたものを使うと、掃除もラクになるでしょう。

ちょっと長めにお風呂の時間を過ごす方には、「浴室テレビ」の設置もおすすめです。

 

 

住宅設備といって数多くの種類がたくさんあるため、

同じように見えても機能性が全然違うものなど選ぶのも大変です。

しかし、快適な設備をうまく使いこなすと生活もラクになるため、

生活環境に合ったものを取り入れることをおすすめします。

Copyright © SHUKOBUILD. All Right Reserved.

ページトップ