秀光ビルドのブログ

Blog

【家を建てるなら来年3月31日までがオススメ】

こんにちは! 秀光ビルドです。

来年(2019年)10月1日には消費税が10%に引き上げられるといわれています。ただ、家を建てるには何か月もかかるため、「来年9月30日に契約して、引き渡しが10月を過ぎた場合はどうなるの?」など、疑問も多いことと思います。そこで今回は、住宅建築における消費税適用のタイミングについてお伝えします。

住宅においては、「工事完了後の引き渡し日」を基準に税率が課せられるため、来年9月30日までに引き渡しがおこなわれていれば消費税は8%で済み、それ以降の引き渡しになれば10%が適用されます。

しかし、ここからが肝心です。来年3月31日までに成約した住宅に関しては「経過措置」が取られ、たとえ引き渡し日が10月以降であっても8%で済むんです。

もちろん2019年4月以降の成約でも、9月30日までに引き渡しが完了していれば8%のままですが、工期に迫られながら家を建てるというのは、施主さまの気持ちにもゆとりがなくなるためオススメできません。

つまりポイントは、来年3月31日までに契約を済ませておくということ。そうすれば、10月以降も余裕を持って家づくりに取り組むことができます。

仮に土地と建物を合わせて2500万円の家を建てようとする場合、2%違うだけで50万円も余計に費用がかかってしまいます。そのお金で豪華な家電や家具が買えたり、海外旅行に行けたりと、その差は大きいですよね。

家を建てるなら、消費税8%のいまがチャンス! 土地探しにも時間がかかりますので、ぜひお早めにご相談ください。

ブログ

ページトップ