【プロに聞くインテリアコーディネート vol.3 】 上手なコーディネート・イメージの膨らませ方、伝え方は?

このたび西日本の記録的な集中豪雨により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
今なお避難されている皆様、復旧作業に従事されている皆様のご安全を心よりお祈り申し上げます。

 

 

こんにちは、秀光ビルド 枚方店です。

秀光ビルド枚方店の専属インテリアコーディネーターによるコーディネートアドバイス。
第3回目はコーディネート・イメージの膨らませ方、伝え方についてお届けします。

 

いざ家を建てるとなった時、「内装のイメージが固まらない」「どんなデザインにしたいのか、具体的に伝えるのが難しい」という方は意外と多いものです。

「住まいづくり館~枚方~」では、コーディネートの打ち合わせ前にインテリアコーディネーターがたたき台を作成しているため、真っ白な状態からスタートしてお客様が困ってしまうということはありません。
ただ下のような方法を活用すると、よりスムーズに楽しくマイホームを描いていただけますよ♪

■自分だけのコーディネート画像集を作成■
インテリア雑誌やショップ、インスタグラムなどでお気に入りのコーディネートを見つけたら、すかさず画像を保存したり写真を撮ったりしておきましょう。
画像を集めることで、「自分はこういうコーディネートが好きなんだ」とイメージがはっきりしてきます。
DropboxやGoogle driveなどにキッチン、寝室、リビング、ニッチといったカテゴリーごとのファイルを作っておくと、整理や保存が簡単なだけでなく、後から見やすいのでオススメ。
打ち合わせの時、担当営業やコーディネーターにそのまま見せることもできますね。
最近では好きな写真をテーマ別にコレクションできるピンタレストを活用している方も多いようです。

■ショールームやモデルルームを上手に活用■
内装や住宅設備メーカーのショールーム、モデルルームはコーディネートのお手本の宝庫。
マイホームに設置する設備や部材を選べるのはもちろんのこと、さまざまな気づきがあります。
枚方店ではクロスやカーテンなどのサンプルを多彩にご用意していますが、面積が小さいと模様の出方が違って見えてくることも。
実物大のコーディネート空間をたくさん見ることで、「派手な色柄でもこれくらいの割合なら浮かないんだな」「サンプルサイズだとパッとしないけれど、壁一面になるとインパクトがあってオシャレ」といった感覚がつかみやすくなり、目が養われていきます。
また「住まいづくり館~枚方~」併設のモデルルームにはカーテンやフローリング、ドアなどのサンプルが多数置かれているので、実際の空間の中で柄の配分や色の濃淡を判断することが可能。
ぜひ上手に利用してくださいね♪