「高品質適正価格の家づくり」で勝負する。秀光ビルドの歩みをご紹介します。<前編>

創業以来、実質主義にこだわり、適正価格と丁寧な施工でお客様に良質な住まいをお届けすることに全力で取り組む秀光ビルド

今回は、私たち秀光ビルドの創業から現在に至るまでの歩みをご紹介させていただきます。

秀光ビルドの創業は1991年

現会長である檜山国行が、自身の出身地である石川県加賀市白山台に設立した会社です。

当初は年間20棟程度の実績しかない地方の工務店でした。

しかし、創業以来「自分が施主なら」を企業理念に掲げ、地元・加賀市を中心に適正価格で安心な住宅を建てることに力を入れてきたことで、お客様からの支持をいただけるようになっていきました。

 

秀光ビルドの転機となったのは、加賀市の本社から金沢市へと進出した2005年のこと。

2000年に秀光ビルドに入社し、営業畑一筋に歩んできた現社長の本間航也が、金沢支店長に就任しました。

当時、金沢支店のスタッフはわずか3人で、10坪ほどの小さな事務所からのスタートでした。

金沢ではほとんど知名度もなかったため、大変厳しいスタートではありましたが、建設に関わる費用を坪単価に含めた「コミコミ価格」をはじめとする秀光ビルドの家づくりを真心こめて提案していくことで、次第に金沢のお客様にも信頼を寄せていただけるようになっていったのです。

 

すべてのお客様にお求めやすい価格で良質な住まいをお届けすることに全力で取り組めば、必ず受注につながり、売上が伸びてくる―。

金沢支店での成功をバネにして、数年のうちに北陸から関西、東海、東北と支店網を次々と拡大。

これらを指揮した功績が社内的に認められた本間航也は、入社からわずか8年という異例の早さで、金沢支店長から常務、専務を経て2008年に代表取締役社長に就任しました。

 

次回は、秀光ビルドの歩み<後編>をご紹介させていただきます。

どうぞお楽しみに!

 

※写真は、現在の秀光ビルド金沢店・住まいづくり館~金沢~です。

小さな事務所からスタートした金沢支店ですが、皆さまのおかげで今ではこんなに大きな店舗になりました。