秀光ビルド本社のブログ

Blog

秀光ビルドヒストリー【前編】

創業以来、実質主義にこだわり、適正価格と丁寧な施工で良質な住まいづくりに取り組んできた秀光ビルド。今回は私たちの創業の歩みをご紹介いたします。

 

 

秀光ビルドの創業は1991年。現会長である檜山国行が、出身地である石川県加賀市白山台に設立しました。当初は年間20棟程度の実績しかない地方の工務店でした。しかし、創業時より「自分が施主なら」を企業理念に掲げ、地元・加賀市を中心に適正価格で安心な住宅を手掛けてきたことで、お客様からご支持をいただけるようになっていったのです。

 

転機となったのは、本社のある加賀市から金沢市へ進出した2005年のこと。2000年に秀光ビルドに入社し、営業畑一筋で歩んできた現社長の本間航也が金沢支店長に就任。当時、金沢支店のスタッフはわずか3人、10坪ほどの小さな事務所からのスタートでした。

 

ほとんど知名度がなかったため、大変厳しいスタートではありましたが、建設にかかる費用を坪単価に含めた「コミコミ価格」をはじめとする真心込めた家づくりで、次第に金沢のお客様にも信頼を寄せていただけるようになっていったのです。

 

適正価格で良質な住まいをお届けすることに邁進すれば、必ず受注につながり、売上は伸びていく―。金沢支店での成功を糧に、わずか数年で北陸から関西、東海、東北と支店を次々と展開していくことができました。

 

私たち秀光ビルドの歩み、いかがでしたでしょうか。次回は秀光ビルドヒストリー【後編】をお送りします。どうぞお楽しみに!

ブログ

ページトップ